アメリカン航空のパイロットが米国で初めてCEFA Aviationのフライトリプレイアプリを採用

仏コルマール & ダラス–(BUSINESS WIRE)–(ビジネスワイヤ) — 世界最大の航空会社であるアメリカン航空は、パイロットが着陸後に自分のタブレットでフライトデータを仮想的に評価できる電子フライトバッグ(EFB)アプリケーションであるCEFA AMSを米国で最初に採用した航空会社となりました。 CEFA AMS(エイビエーション・モバイル・サービス)は、パイロットが着陸後に自分のフライトの詳細情報にアクセスしてこれらを評価できる初の自己改善ツールです。 アメリカン航空の安全業務担当ディレクターであるNeil Raaz機長は、CEFA AMSが安全性を絶え間なく向上させるためにアメリカン航空が取っているデータ駆使型手法における次なる前進であるとして、次のように述べています。「当社はCEFA AMSを選定したことで、Safety-II手法をその業務において実用的に進めていくことができるようになりました。この進歩的な新しいデブリーフィング機能は、継続的な自己改善の文化を促進し、アメリカン航空の安全第一の精神を1つひとつのフライトに込めて強化する上で役立つでしょう。」 フラ